MENU

【チケット完売!】豪華アーティストが贈るアメージング・パフォーマンス!お食事とワインと音楽のひと時を

クラシックから、シャンソン、タンゴ、カンツォーネ、映画音楽まであらゆるジャンルを歌いこなすソプラノマルチシンガー山口ひとみと共に贈るローザンベリー多和田のクリスマス。豪華バンドメンバ ーによるアメージング・パフォーマンスが盛り上げます!音楽と共にオリジナルワインとお食事をお楽しみください。

ご好評につき、チケット完売致しました!


christmasconcert_long.jpg

開催日 2017年12月9日(土)
時間 17:00開場 18:00開演
料金 13,000円
開場 大地のレストラン
お問い合わせ →お電話(0749-54-2323)にて


■出演アーティスト

yamaguchi.jpg

山口 ひとみ

音楽大学声楽学科を卒業後、ウィーンにて、フランツ・エクヴィルツ氏(ウィーン音楽大学教授)のレッスンを受ける。大学卒業後すぐに多方面においてステージ活動を開始し、現在はクラシックからラテン・シャンソン・タンゴ・映画音楽・昭和歌謡に至るまで、その素晴らしい声量と解釈・表現力で『ソプラノ・マルチシンガー』として活躍中。
30代半ばから乳がんの告知を受け闘病生活に入る。7年の苦しみの闘病生活で歌のステージだけはやり抜き通し、奇跡の復活をとげた。「歌がどうしても必要だった!歌のおかげで生きてこられた!」歌に対する強い思いは、聴く者すべての魂を揺さぶり感動を生む。
◆学校での音楽鑑賞会や病院での慰問演奏、各地コンサート、ホテルでのディナーショー、パーティー、イベント等に出演
◆数少ないドイツビアソング歌手としても、ホテルでのオクトーバーフェストや各地イベント、ビアレストランにも出演
◆奈良平城遷都1300年祭オープニングミュージカル出演
◆2012年にはビルボードライブ大阪にてソロライブを開催、好評を得る
◆NHK文化センターはじめ、文化カルチャー、ヴォイストレーナー等、声楽講師としても活動中




kamiyama.jpg

上山崎 初美

アマチュア時代、ザ・スライダースにて、上田正樹と共にヤマハ主催ライトミュージック コンテストに出場、高評価を得る。同、コンテストにて最優秀個人賞(ベーシスト)受賞。サンテレビ開局番組、毎日放送ラジオ番組ヤングタウン、他に出演。
1970年 GS(グループサウンズ)ザ・パロッツに参加。プロデビューを果たし、ナンバー番(道頓堀)オランダ(千日前)カポネ(千日前)他に出演。
1973年 ジャズベーシストを志す。荒川達彦クインテット、田村 翼トリオ、大塚善章トリオ、古谷 充とザ・コンコードを経て、自己のグループを結成。関西一円のライブスポット、ホテル、コンサートホールなどに出演。並行して「関西フィルハーモニー管弦楽団」「京都市交響楽団」「広島交響楽団」「東京シティフィルハーモニー管弦楽団」スタジオワークなど幅広い音楽シーンでも活躍。「カウント・ベーシー楽団」「デューク・エリントン楽団」「グレン・ミラー楽団」「ミルト・ジャクソン」「ジョー・サンプル」「ビリー・ヒギンズ」「ルー・タバキン」「D.D ブリッジ・ウオーター」「ケニー・ギャレット」「ロイ・ヘインズ」など、数々の海外アーティストとのセッションを経験。
1984年には「大隅寿男トリオ」参加のため上京。東京一円のライブスポット、ジャズクラブ、NHKザッツ・ミュージックなどで中本マリ、金子晴美、マリーン、しばた はつみ、松本英彦、北村英治、中村八大、他と共演。その後、関西に戻り自己のグループで活躍。
1996年、ハンク・ジョーンズトリオ大阪公演に同トリオのベーシストとして参加。2000年、ワールドオーケストラ・オブ・2000にて、世界中のコンサートマスター、主席奏者を招いたシンフォニーオーケストラに参加。フィリッパ・ジョルダーノと共演。同年、フェニックス ジャズ フェスティバルにて、バークリー音楽大学教授バンドにタイガー大越と共に参加。
2001年1月、IAJE「ニューヨーク開催」に参加のため渡米。
2002年、韓国・ソウルにて行われた米国同時テロ救済チャリティーコンサートに招かれゲスト出演、好評博す。関西ジャズ協会 常任理事を務め、関西のジャズシーンの活性化に貢献する傍ら、後進の育成のため、ジャズベース、ジャズ アンサンブルの教室を開校。
現在、ジャズベーシストとして関西中心に活躍中。




takaoka.jpg

高岡 正人

関西学院大学在学中より、ジャズクラブ・ライヴハウス・キャバレー等で演奏活動を始める。卒業後も関西のライヴハウス・クラブ等でジャズ・シャンソン等、様々なジャンルでの演奏活動をし、北村英治(Cl)のツアー、ピート・ピーダスン(Harm)の日本ツアー等、全国各地でのツアーにも参加する。海外の数々のアーティスト達とも共演し、2000年にはBlueNoteOsakaにてレイ・ブラウン(B)トリオにピアニストとして参加。ジャズピアニスト・シャンソンピアニスト・キーボードプレイヤー・コンポーザー・音楽講師として、現在京阪神各地のライヴスポットでの演奏活動、後進の指導にもあたっている。
2009年 産經新聞主催 なにわジャズ大賞受賞
同時、大阪知事賞・大阪市長賞受賞
NPO法人 関西ジャズ協会常任理事




suzuki.jpg

鈴木 孝紀

大阪音楽大学音楽学部クラリネット専攻卒業。
卒業後、大阪市消防音楽隊クラリネット奏者を経て、クラシック奏者として室内楽やオーケストラなど多数のコンサートに出演。ジャズミュージシャンである家族の影響を受けてJazzに傾倒し、演奏活動を開始。2006年には、民族音楽とジャズ、室内楽を融合させたユニークなユニット「トラヴェルセ」に参加しアルバム「バルカン・サンバ」をリリース。
現在、ジャンルを問わず様々なミュージシャンとの共演を重ねライブ活動を行う他、アーティストのCDへの参加をはじめ、USEN放送やCM音楽、その他のスタジオワークも精力的に行う。 2015年、自身のTrioで鈴木のオリジナルを収録したリーダーアルバム「COLLAGE」をリリース。
クラシックを踏襲してきた鈴木ならではのウォームで芯のある音色とジャンルにとらわれない独自のスタイルで、新たなクラリネットミュージックを展開している。


event_over.jpgこのイベントは終了しました。

日時 2017年12月9日(土)
時間 開場17:00 開演18:00
料金 13,000円
会場 大地のレストラン
お問合わせ お電話(0749-54-2323)にて